DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第29巻 第2号 >

ケニア西部におけるリンパ節型カポシ肉腫


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm29_02_04_t.pdf472.9 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: ケニア西部におけるリンパ節型カポシ肉腫
その他のタイトル: Kaposi's Sarcoma of Lymph Node(s) in Western Kenya
著者: 鳥山, 寛 / 宇津田, 含 / 板倉, 英世 / KAMIDIGO, NOAH O.
著者(別表記) : Toriyama, Kan / Uzuta, Fukumu / Itakura, Hideyo / Kamidigo, Noah O.
発行日: 1987年 6月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 29(2). p101-106, 1987
抄録: アフリカにおける地方病型カポシ肉腫の成人型は一般的にその病状経過は穏やかであるが,最近,ザンビアおよびウガンダから,小児リンパ節型カポシ肉腫あるいは後天性免疫不全症候群(AIDS)に合併するカポシ肉腫に臨床的に類似した成人劇症型が数例報告され,それらは増加傾向を示していると言われている.これらの症例は一般的な成人型とは異なり皮膚症状に乏しくリンパ節浸潤を特徴とし急速な症状悪化を示す.また症例の多くではHuman Immunodeficiency Virus/Human T-cell Lymphotropic Virus Type III (HIV/HTLV-III)の感染が確認されている.1979年から1986年の8年間に我々はウガンダに隣接した西ケニア(ウェスタン,ニャンザ,リフトバレー州)においてリンパ節浸潤を示す19例のカポシ肉腫を得,その中にHIV/HTLV-III感染は確認できなかったが,1例の成人劇症型を見出した.しかしながら増加傾向などは見出しえなかった.また,西ケニアにおいて小児型と成人型のリンパ節型カポシ肉腫の分布には明瞭な地域差および部族差が認められるとともに臨床像もかなり異なり,これらの事実は両者のカポシ肉腫発生機序にはなんらかの相違があることを示唆している. / From 1979 to 1986, 19 cases of Kaposi's sarcoma (KS) of lymph node(s) were detected in western Kenya (Western, Nyanza and Rift Valley Provinces). The male to female ratio was 3.7:1. Thirteen out of 19 cases were children. Seven out of 13 cases in children showed clinically generalized lymphadenopathy without skin lesion. Three out of four cases in adults showed the involvement of a solitary lymph node. Ethnically and geographically the highest incidence of the disease in children occurred in the Luo, inhabitants of Nyana Province and that in adults occurred in the Luhya, inhabitants of Western Province. These findings suggest that there are some differences of oncogenicity on KS of lymph node(s) between children and adults. Recently several reports of the aggressive KS which related to Human Immunodeficiency Virus/Human T-cell Lymphotropic Virus Type III (HIV/HTLV-III) infection have been reported from Zambia and Uganda. Although one out of four cases in adults showed an aggressive form of KS with generalized lymphadenopathy and disseminated multiple cutaneous nodules, there was no clear evidence that the aggressive KS is increasing in number in recent years in western Kenya.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4494
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第29巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4494

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace