DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第29巻 第3号 >

精製日本脳炎ウイルスからTriton X-100処理によって得られた血球凝集活性を有する外被膜糖タンパクV3(E)分画


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm29_03_01_t.pdf3.41 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 精製日本脳炎ウイルスからTriton X-100処理によって得られた血球凝集活性を有する外被膜糖タンパクV3(E)分画
その他のタイトル: Preparation of Envelope Glycoprotein V3 (E) Fraction Associated with Haemagglutinating Activity from Purified Japanese Encephalitis Virus by Triton X-100 Treatment
著者: Srivastava, A. K. / 五十嵐, 章
著者(別表記) : Srivastava, Ashok Kumar / Igarashi, Akira
発行日: 1987年 9月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 29(3). p127-137, 1987
抄録: 精製された日本脳炎(JE)ウイルス粒子を中性表面活性剤Triton X-100 (TX-100)処理した後に庶糖密度勾配遠心法によりウイルス粒子の外被膜糖タンパクV3(E)を含む分画が得られた.ウイルスタンパク当り1.3-75mgのTX-100で処理するとウイルス粒子は破壊され,ウイルスのELISA抗原はTX-100非処理の対照ウイルス粒子よりも庶糖密度勾配遠心法により遅く沈降するピークを形成した.ウイルスタンパクに対するTX-100の比率が大きいほど,破壊されたウイルス抗原の沈降速度は小さくなった。このウイルス抗原のピークにはJEウイルスの血球凝集活性が存在しており,ドデシル硫酸ソーダ存在下のポリアクリルアミドゲル電気活動およびウエスタンブロット法ではこの分画にはJEウイルス構造タンパクのうちのV3(E)のみが認められた.ネガティブ染色した電子顕微鏡試料では,高濃度のTX-100処理によって得られたELISA抗原には7-8nmの単位構成要素から成る30-40nmの凝集塊が観察され,低濃度のTX-100処理では10-15nmの単位構成要素から成る240nm以上の凝集塊が観察された.これに対してTX-100非処理の対照ウイルス試料には直径40-45nmの球型粒子が認められた. / Fractions containing envelope glycoprotein V3(E) was prepared from purified Japanese encephalitis (JE) virus by treating with neutral detergent, Triton X-100 (TX-100), followed by ultracentnfugation through sucrose gradients. When virion was mixed with 1.3 to 75mg of TX-100/mg protein of the virus, the virion was disrupted and virus ELISA antigen formed a peak in the gradients sedimenting slower than the control virion. The higher ratio of TX-100 to the vims protein resulted in the slower sedimentation of the disrupted virus antigen. The ELISA antigen peak was associated with haemagglutinating activity (HA) and contained V3(E) of JE virus structural proteins as revealed by polyacrylamide gel electrophoresis in the presence of sodium dodecyl sulfate (SDS-PAGE) followed by the Western blotting. Electron microscopy with negatively stained specimens showed that the ELISA antigen fraction prepared with high concentration of TX-100 contained unit particles between 7-8nm forming aggregagtes between 30-40nm, while the fraction prepared with low concentration of TX-100 contained unit particles of 10-15 nm forming larger aggregates about 240nm. On the other hand, control virion showed spherical particles between 40-50nm in diameter.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4497
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第29巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4497

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace