DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第29巻 第4号 >

コレラ及びnon-O1コレラ菌による下痢症の腸管毒性因子に関する研究


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm29_04_03_t.pdf723.21 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: コレラ及びnon-O1コレラ菌による下痢症の腸管毒性因子に関する研究
その他のタイトル: A Study on the Enterotoxic Factors in Vibrio cholerae Infection
著者: 一瀬, 休生 / スパワット, クロンキャウ / 石橋, 美雅子 / 江原, 雅彦 / 内藤, 達郎
著者(別表記) : Ichinose, Yoshio / Supawat, Krongkaew / Ishibashi, Mikako / Ehara, Masahiko / Naito, Tatsuro
発行日: 1987年12月28日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 29(4). p211-219, 1987
抄録: コレラ菌感染における液体貯留活性と,下痢原性因子であるコレラエソテロトキシン,溶血素及び蛋白分解酵素との関連を明らかにするため,クラシック型,エルトール型及びnon-O1コレラ菌,各々10, 15, 10株を用いて,プロテアーゼ及び血球凝集活性,コレラトキシン及び溶血素の産生性,成熟ウサギループテストにおける腸管内液体貯留率を測定しそれらの相関を検討した.その結果,クラシック型コレラ菌を投与したループ内貯留液からはコレラトキシンが検出されたが溶血素は検出されず,エルトール型コレラ菌を投与したループ内貯留液からはコレラトキシンだけでなく溶血素も検出された.non-O1コレラ菌を投与したループ内貯留液からは10株中1株からコレラトキシンが,6株から溶血素が検出された.大腸菌ST様毒素はループ内貯留液から検出されず,腸炎ビブリオ耐熱性毒素様毒素はnon-O1コレラ菌の1株のみから検出された。またコレラトキシンと投与後13時間のFA比との間の相関は有意であったが(Spearman's rank correlation p<0.01),溶血素とFA比,プロテアーゼ活性とFA比との間には有意な相関はみられなかった.クラシック型コレラ菌の液体貯留活性はコレラトキシンに依存するがエルトール型コレラ菌はコレラトキシンだけでなく溶血素の関与も十分考えられた.またnon-O1コレラ菌は溶血素を含めたコレラトキシン以外の下痢因子の関与が示唆された. / The relationships among protease/hemagglutinin activity, the productivity of cholera toxin and hemolysin and fluid accumulation (FA ratio) in the ligated ileal loop test were investigated in 35 strains of Vibrio cholerae (biotype classical, El Tor and non-O1 V. cholerae, 10, 15, and 10 respectively). Some cholera toxin was detected in the accumulated fluid challenged with V. cholerae O1 classical biotype but no hemolysin was detected. In V. cholerae O1, biotype E1 Tor, both cholera toxin and hemolysin were detected. Cholera toxin was detected only from one out of 10 strains of V. cholerae non-O1 and hemolysin was detected from 6 strains. Escherichia coli heat-stable enterotoxin-like toxin was not detected in the accumulated fluid and V. parahaemolyticus thermo-stable direct hemolysin-like toxin was detected only from one strain of V. cholerae non-O1. The FA ratio was correlated with the cholera toxin titers (Spearman's rank correlation p<0.01) but not with the hemolysin titer or protease activity. The enterotoxicity of V. cholerae O1 biotype classical is suggested to be responsible for cholera toxin and those of V. cholerae O1 biotype E1 Tor is responsible for cholera toxin and hemolysin. However, the enterotoxicity of V. cholerae non-O1 may not be mainly responsible for cholera toxin but for other toxic substances.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4505
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第29巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4505

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace