DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第30巻 第1号 >

コレラ菌の定着性とそのプロテアーゼ活性との関連について


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm30_01_04_t.pdf1.2 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: コレラ菌の定着性とそのプロテアーゼ活性との関連について
その他のタイトル: A Role of Protease Produced by Vibrio cholerae in Its Adherent Mechanism
著者: クロンキャーウスパワット / 一瀬, 休生 / 石橋, 美雅子 / 江原, 雅彦 / 内藤, 達郎
著者(別表記) : Supawat, Krongkaew / Ichinose, Yoshio / Ishibashi, Mikako / Ehara, Masahiko / Naito, Tatsuro
発行日: 1988年 3月31日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 30(1). p33-38, 1988
抄録: コレラ菌感染における腸管上皮定着性とプロテアーゼ活性との関連を明らかにするためにクラシック型,エルトール型及びnon-O1コレラ菌,各々10,15,10株を用いてプロテアーゼ活性及び成熟ウサギループテストにおける投与後13時間の腸管上皮定着性を検討した.その結果非定着菌群のプロテアーゼ活性は高度定着菌群のそれより高い値を示しその平均値の差は有意であった(T-test, p<0.05)即ち,In vitroでのプロテアーゼ産生量はコレラ菌の小腸上皮における定着の程度とは必ずしも相関しないことが示唆された. / The relationship between protease activity in vitro and the degree of colonization of Vibrio cholerae in the ileal loop test was investigated using 35 strains of V. cholerae (biotype classical, El Tor and non-O1 V. cholerae, 10, 15, and 10 respectively). The mean protease activity in non adherent group was 9.15 mm, higher than that in adherent (+) and (++) group, 6.74mm and 6.19mm, respectively in agar-gel single-diffusion method. The difference between the mean protease activity in non-adherent and adherent (++) groups was statistically significant (T-test, p<0.05). This suggests that the amount of protease produced in vitro does not necessarily correlate with the adherent potential of the vibrios to the intestinal epithelial cells.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4512
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第30巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4512

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace