DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第30巻 第2号 >

日本脳炎ウイルス外被膜糖タンパクV3(E)に対する単クローン抗体


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm30_02_01_t.pdf1.28 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 日本脳炎ウイルス外被膜糖タンパクV3(E)に対する単クローン抗体
その他のタイトル: Monoclonal Antibodies against Japanese Encephalitis Virus Envelope Glycoprotein V3 (E)
著者: SRIVASTAVA, Ashok Kumar / 松尾, 幸子 / 五十嵐, 章 / 珠玖, 洋 / 早田, 義典
著者(別表記) : Srivastava, Ashok Kumar / Matsuo, Sachiko / Igarashi, Akira / Sohda, Yoshinori / Shiku, Hiroshi
発行日: 1988年 6月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 30(2). p49-61, 1988
抄録: 日本脳炎(JE)ウイルス外被膜糖タンパクV3(E)のエピトープと分子構造の関係を解析するために単クローン抗体42個を分離し,それぞれの性状を免疫グロブリンのアイソタイプ, JEウイルスに対する中和活性,還元並びに非還元状態で破壊してドデシル硫酸ソーダ存在下のポリアクリルアミドゲル電気泳動で分離したウイルスタンパクに対するウエスタンブロッチング法での反応性で検討した. JEウイルス株並びフラビウイルスに対する単クローン抗体の反応性を免疫酵素測定法で測定し, 17個の単クローン抗体を5群に分類した.株特異的反応性を示す第一群には, 3個のIgM, 2個のIgG2a,と1個のIgG2b抗体が含まれ, IgM抗体は(1-a-1)中和陽性で線状エピトープに対するもの, (1-a-2)中和陽性で立体的エピトープに対するもの, (1-a-3)中和陰性で立体的エピトープに対するものに分類され, IgG2a抗体は中和陰性で(1-b-1)線状エピトープに対するものと(1-b-2)立体的エピトープに対するものに分類され, IgG2b抗体(1-c)は中和陽性で立体的エピトープと反応した. JEウイルスに特異的な第二群には中和陽性で線状エピトープに対するIgM抗体が存在した.第三群に含まれる2個の抗体は中和陰性でJE,マレー渓谷脳炎,西ナイル,セントルイス脳炎ウイルスから成るフラビウイルス中の亜群に対して反応し, (3-a)線状エピトープに対するIgG1抗体と(3-b)立体的エピトープに対するIgG2b抗体であった.第四群には亜群と2型デングウイルスに対して反応する2個のIgM, 1個のIg-G2aと, 2個のIgG2b抗体が含まれ, IgM抗体は(4-a-1)中和陽性で線状エピトープに対するものと(4-a-2)中和陰性で立体的エピトープに対するものに分類され, IgG2a抗体(4-b)は中和陽性で線状エピトープに反応し, IgG2b抗体は中和陰性で(4-c-1)線状エピトープに対するものと(4-c-2)立体的エピトープに対するものであった.第五群に属する3個の中和陰性抗体は2型デングウイルスと黄熱ウイルスを含む全てのフラビウイルスに交差反応性を示し, (5-a)極めて立体的なエピトープに対するIgG1, (5-b)立体的エピトープに対するIgG2aと, (5-c)立体的なエピトープに対するIgG2bに分類された. / In order to analyze epitopes of Japanese encephalitis (JE) virus envelope glycoprotein V3 (E) in relation to its molecular structure, 42 monoclones were obtained. They were characterized by immunoglobulin isotyping, neutralization (N) test, Western blotting after polyacrylamide gel electrophoresis in the presence of sodium dodecyl sulphate (SDS-PAGE) under reducing and nonreducing conditions. Enzyme-linked immunosorbent assay (ELISA) was used to examine cross-reactivity of the monoclones to other strains of JE and flaviviruses, and 17 of them were classified into 5 groups. Strain-specific monoclones in group 1 contained 3 IgM, 2 IgG2a, and 1 lgG2b isotypes. Three IgM monoclones were (1-a-1) N-positive and linear, (1-a-2) N-positive and conformational, or (1-a-3) N-negative and conformational. Two IgG2a monoclones were N-negative and (1-b-1) linear, or (1-b-2) conformational, while 1 IgG2b monoclone (1-c) was N-positive and conformational. One monoclone in group 2 was JE virus-specific, IgM, N-positive and linear. Two N-negative monoclones in group 3 showed subgroup-specific reactivity to JE, Murray Valley encephalitis (MVE), West Nile (WN), and St. Louis encephalitis (SLE) viruses. One of them (3-a) was linear IgG1, and another (3-b) was conformational IgG2b. Group 4 monoclones cross-reacted to the subgroup and dengue type 2 (D2) viruses, and contained 2 IgM, 1 IgG2a, and 2 IgG2b isotypes. Two IgM monoclones were (4-a-1) N-positive and linear, or (4-a-2) N-negative and conformational. One IgG2a monoclone (4-b) was N-positive and linear, while 2 IgG2b monoclones were N-negative and (4-c-1) linear, or (4-c-2) conformational. Three N-negative monoclones in group 5 cross-reacted to all flaviviruses including D2 and yellow fever (YF) viruses, and were (5-a) highly conformational IgG1, (5-b) conformational IgG2a, and (5-c) conformational IgG2b. Remaining 25 monoclones showed various degrees of cross-reactivity to different flaviviruses.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4515
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第30巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4515

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace