DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第30巻 第4号 >

1987年タイで流行したコレラ菌の生物学的性状


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm30_04_02_t.pdf574.19 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 1987年タイで流行したコレラ菌の生物学的性状
その他のタイトル: Characterization of Vibrio cholerae O1 Isolated in Thailand in 1987
著者: 岩見, 守 / 一瀬, 休生 / 江原, 雅彦 / 内藤, 達郎 / SUPAWAT, Krongkeaw
著者(別表記) : Iwami, Mamoru / Ichinose, Yoshio / Ehara, Masahiko / Naito, Tatsuro / Supawat, Krongkeaw
発行日: 1988年12月28日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 30(4). p239-246, 1988
抄録: 1987年タイで流行したコレラの入院患者から分離されたコレラ菌100株について生化学的性状検査を行った.分離されたコレラ菌100株の血清型はすべて稲葉型で,生物型はエルトール,プロファージ型別では,Ubol型は見い出されず,すべてセレベス原型であった.ヒツジ赤血球溶血性試験では,ハートインフュージョンブロースのFeeley and Pittmanの方法では95%の株が溶血性を示し,1%グリセリンを加えたハートインフュージョンブロースを用いたBarua and Mukerjeeの方法では弱溶血6株を含めると,100%の株が溶血性を示した.100株のコレラ菌のうち97株がニワトリ赤血球凝集能を有し,そのうち1株を除くすべての株がD-マンノースに感受性であった.薬剤感受性試験では,アンピシリンに対する最小発育阻止濃度(MIC)が100μg/ml以上を示す1株の耐性株を除き99株は,クロラムフェニコール,テトラサイクリン,アンピシリン,エリスロマイシン,及びナリディキシン酸の5薬剤に対して感受性を示した.アンピシリン耐性の1株は10μg/mlの2,4-diamino-6,7-diisopropyl-pteridine phosphateで発育阻止されず,O/129耐性株であった.この株のテトラサイクリン及びクロラムフェニコールに対するMICは,それぞれ3.13,12.5であり,やや高いMICを示したが,多剤耐性菌は検出されなかった. / A total of 100 strains of Vibrio cholerae O1 isolated from 95 diarrheal patients hospitalized in Thailand in 1987 and from 5 water sources were characterized biochemically. All the strains of V. cholerae O1 tested were serotype Inaba, biotype El Tor and Celebes original type in prophage typing. Hemolytic activity to sheep red blood cells was detected in 92% of isolates in heart infusion broth but all were positive in heart infusion broth containing 1% glycerol by the method of Barua and Mukerjee (1964). Ninty-seven of the 100 strains of V. cholerae O1 were positive in the chicken red blood cell agglutination test and all strains with haemagglutinin (HA) activity were sensitive to D-mannose except one resistant strain. Ninty-nine strains of V. cholerae O1 were sensitive to all five drugs tested (chloramphenicol, tetracycline, streptomycin, ampicillin, erythromycin and nalidixic acid). One strain was resistant to ampicillin with an MIC of more than 100μg/ml and resistant to 10μg/ml of 2,4-diamino-6,7-diisopropyl-pteridine phosphate (O/129). The MICs against tetracycline and chloramphenicol were 3.13 and 12.5μg/ml, respectively. No multiply drug-resistant strains of V. cholerae O1 were isolated.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4534
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第30巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4534

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace