DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 長崎大学風土病研究所業績 > 第1集 >

「フィラリア」性乳麋尿の發生病理に関する研究補遺 : 其の三 乳麋尿発生機序に関する考察


ファイル 記述 サイズフォーマット
fudo01_00_05_t.pdf687.53 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 「フィラリア」性乳麋尿の發生病理に関する研究補遺 : 其の三 乳麋尿発生機序に関する考察
その他のタイトル: Studies on the Pathogenesis of Chyluria in Filariasis : III. Discussion
著者: 片峰, 大助
著者(別表記) : Katamine, Daisuke
発行日: 1952年 4月25日
引用: 長崎大学風土病研究所業績 1. p.213-218, 1952
抄録: It was demonstrated in the proceeding experiment that the chyluria resulted from the entrance of chyle into the urinary stream through the abnormally dilated renal lymphatic vessels. It is easily supposed that this lymphangiectasis and communication of re
URI: http://hdl.handle.net/10069/4804
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第1集

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4804

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace