DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 長崎大学風土病研究所業績 > 第2集 >

フイラリア症に於ける丹毒樣熱發作に關する實験的研究 : 第一報 フイラリア症と拡散因子


ファイル 記述 サイズフォーマット
fudo02_00_07_t.pdf1.93 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: フイラリア症に於ける丹毒樣熱發作に關する實験的研究 : 第一報 フイラリア症と拡散因子
その他のタイトル: Experimental Studies on Filaria Fever : I. Relation of the Spreading Factor in Filariasis
著者: 山崎, 豊彦
著者(別表記) : Yamasaki, Toyohiko
発行日: 1953年 9月25日
引用: 長崎大学風土病研究所業績 2. p.978-984, 1953
抄録: The filariasis is often accompanied by erysipelas-like attacks. The author's experiments were performed to clarify the duty of filaria worm playing at the inflammation caused by streptococcus. The results were as follows; 1) The Evans-blue, injected in ra
URI: http://hdl.handle.net/10069/4840
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第2集

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4840

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace