DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 長崎大学風土病研究所業績 > 第4集 >

長崎市内野犬の肺吸虫症自然感染例について


ファイル 記述 サイズフォーマット
fudo04_00_06_t.pdf395 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 長崎市内野犬の肺吸虫症自然感染例について
その他のタイトル: Natural Infection of Dogs with the Paragonimus in Nagasaki City
著者: 田中, 徳郎 / 瀬井, 義澄 / 釘田, 芳文
著者(別表記) : Tanaka, Tokuro / Sei, Yoshizumi / Kugita, Yoshifumi
発行日: 1955年11月25日
引用: 長崎大学風土病研究所業績 4. p.1491-1494, 1955
抄録: (1) From June to September 1954, in the City of Nagasaki, authors examined 100 dogs, and found 6 dogs (0.59%) to be infected naturally with the Paragonimus. (2) From lungs of the 3 dogs, 17 worms' cysts and 20 worms were found. (3) The worms were 6.0mm 10.0mm 8.0mm to average 8 worms, in length. These worms were surely identified as Paragonimus westermanii. (4) Six dogs with Paragonimus were caught in the area of the Urakami River. Chogi TANAKA's (1936) report that he could experimentally infect dogs with Eriocheir japonicus from this river was established by our investigation.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4879
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第4集

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4879

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace