DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 長崎大学風土病研究所業績 > 第5集 >

Candida albicansに対する枸櫞酸曹達血の貪食作用


ファイル 記述 サイズフォーマット
fudo05_00_04_t.pdf1.17 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Candida albicansに対する枸櫞酸曹達血の貪食作用
その他のタイトル: Phagocytic Activity of Citrated Blood on Candida albicans
著者: 坂上, 俊治 / 宇佐美, 基典
著者(別表記) : Sakagami, Toshiharu / Usami, Motosuke
発行日: 1956年11月25日
引用: 長崎大学風土病研究所業績 5. p.911-919, 1956
抄録: After a series of experimental examinations into phagocytic activity of citrated blood on Candida albicans the phagocytosis rate of each kind of differentiated leukocytes in vitro was found to be in the order as follows: Polymorphonuclear 92% > monocytes 71% > eosinophils 50% > stab cells 18% > metamyelocytes 8% > melocytes 6% > promyelocytes, myeloblasts, lymphocytes =0. Any direct action of penicillin, vitamin B_2 and sulfonamide to influence the intensity of citrated blood in phagocytizing this fungus was not confirmed. The authors think, however, a remarkable deficiency of neutrophil leukocytes in the blood, whatever be the cause, may be accounted for one of occasions for onset of candidasis.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4891
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第5集

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4891

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace