DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 長崎大学風土病研究所業績 > 第5集 >

糸状虫症の化学療法に関する研究 : 第2報 Diethylcarbamazine の血中濃度と尿中排泄量について


ファイル 記述 サイズフォーマット
fudo05_00_06_t.pdf1.88 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 糸状虫症の化学療法に関する研究 : 第2報 Diethylcarbamazine の血中濃度と尿中排泄量について
その他のタイトル: Studies on Chemotherapy of Filariasis : Report II. Blood level of diethylcarbamazine and its excretion in urine
著者: 藤巻, 博教
著者(別表記) : Fujimaki, Hironori
発行日: 1956年11月25日
引用: 長崎大学風土病研究所業績 5. p.930-947, 1956
抄録: The remarkable effect of Diethylcarbamazine (1-diethyl-carbamyl-4-methyl piperazine hydrogen citrate) in treating filariasis is a well-known fact. In order to establish the most effective dosage and admistrative method of this drug, it was administered in
URI: http://hdl.handle.net/10069/4893
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第5集

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4893

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace