DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 長崎大学風土病研究所業績 > 第6集 >

乳腺腫瘍を疑つた「フイラリア」症の一例


ファイル 記述 サイズフォーマット
fudo06_00_06_t.pdf754.11 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 乳腺腫瘍を疑つた「フイラリア」症の一例
その他のタイトル: A Case of Filariasis Suspected of Mammary Tumor
著者: 下村, 雪雄 / 峯本, 肇 / 渡辺, 直昭 / 海江田, 徹
著者(別表記) : Shimomura, Yukio / Minemoto, Hajime / Watanabe, Naoaki / Kaieda, Toru
発行日: 1957年11月25日
引用: 長崎大学風土病研究所業績 6. p.1430-1433, 1957
抄録: M. ITSUWA, a female, 47 years of age, complained a painless tumor as large as an index-finger on the right breast. No inflammatory signs were exhibited in the local area. An axillary lymph node was palpable in size of an index-finger. The tumor being suspicious of mammary cancer, was excised. Histopathological examination revealed the chronic infestation around Wucheria bancrofti in the subcutaneous tissue. The patient was born in Goto Islands where filariasis is prevalent, but had not experienced the fever attacks and other clinical signs of filariasis in her history. No microfilaria was able to be proved in the peripheral blood.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第6集

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4902

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace