DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 長崎大学風土病研究所業績 > 第6集 >

バンクロフト糸状虫症の伝搬に関わるアカイエカの役割に関する実験的研究 : 第1報 27℃及び25℃で飼育した感染蚊の体内に於けるフィラリア幼虫の発育, 分布及び生存数について


ファイル 記述 サイズフォーマット
fudo06_00_07_t.pdf1.25 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: バンクロフト糸状虫症の伝搬に関わるアカイエカの役割に関する実験的研究 : 第1報 27℃及び25℃で飼育した感染蚊の体内に於けるフィラリア幼虫の発育, 分布及び生存数について
その他のタイトル: Experimental Studies on the Role of the House Mosquito, Culex pipiens pallens in the Transmission of Bancroftian Filariasis : I. Development, distribution and longevity of filariae in mosquitoes kept at 27℃ and 25℃.
著者: 大森, 南三郎
著者(別表記) : Omori, Nanzaburo
発行日: 1957年11月25日
引用: 長崎大学風土病研究所業績 6. p.1434-1445, 1957
抄録: A series of studies on the influence of constant temperatures of 33, 30, 27, 25, 24, 20, 18, 16, 13 and 10℃, and natural room and outdoor temperatures upon the development and longevity of the larvae of Wuchereria bancrofti in Culex pipiens pallens were m
URI: http://hdl.handle.net/10069/4903
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第6集

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4903

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace