DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第36巻 第66号 >

熱応力割断中のき裂進展形状と応力拡大係数の解析


ファイル 記述 サイズフォーマット
36_66_01.pdf1.13 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 熱応力割断中のき裂進展形状と応力拡大係数の解析
その他のタイトル: Analysis of the Stress Intensity Factors and the Shape of a Crack Growth on a Thermal Stress Cleaving
著者: 本村, 文孝 / 今井, 康文 / 才本, 明秀
著者(別表記) : Motomura, Fumitaka / Imai, Yasufumi / Saimoto, Akihide
発行日: 2006年 2月10日
出版者: 長崎大学工学部
引用: 長崎大学工学部 研究報告 REPORTS OF THE FACULTY OF ENGINEERING 36(66). p.1-5, 2006
抄録: 3D finite element analysis of thermo-elastic problem was performed to relate between the crack front geometry and the crack growing velocity in a thermal stress cleaving. In a stable crack growth, the crack front geometry through a plate thickness becomes so as for the stress intensity factors to distribute as much same value along a crack front. The faster a crack growing velocity, the wider a crack front leaves from a center of heat source to show stronger stress singularity. Analyzed result explains well the experiments.
キーワード: Thermal Stress Cleaving / Interference Fringe Method / Unsteady Thermal Elasticity / Finite Element Method / Virtual Crack Closure Integral
URI: http://hdl.handle.net/10069/4932
ISSN: 18805574
関連リンク : http://www.lb.nagasaki-u.ac.jp/reports/kougaku/preview.php?id=20
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第36巻 第66号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4932

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace