DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 020 経済学部・経済学研究科 > 020 紀要 > 經營と經濟 > 第83巻 第3号 >

損害防止努力インセンティブに関する一考察 : 主体均衡分析による検討


ファイル 記述 サイズフォーマット
JBE83_3_147.pdf279.67 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 損害防止努力インセンティブに関する一考察 : 主体均衡分析による検討
その他のタイトル: The Role of Some Insurance Contracts in a Subjective Equilibrium Model with Observable Effect
著者: 大倉, 真人
著者(別表記) : Okura, Mahito
発行日: 2003年12月25日
出版者: 長崎大学経済学会
引用: 經營と經濟 83(3) p.147-169
抄録: The purpose of this article is to illustrate the incentive system due to reduce the accident probability for insured. There are many articles which were focused on that incentive system in the insurance market. But it is very difficult to understand this description because they had used some complicated mathematical techniques. Thus, the article explains that theory using not the mathematical equations but only the diagrams.The article provides a simple model. It can explain that the combination among the incentive systems can prevent not to effort for insured.
キーワード: Incentive system / Insurance market / Economic theory
URI: http://hdl.handle.net/10069/4990
ISSN: 02869101
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: author
出現コレクション:第83巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4990

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace