DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第28巻 第50号 >

最近のプロペラ鳴音の特徴とその防止法の研究


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000136368.pdf329.55 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 最近のプロペラ鳴音の特徴とその防止法の研究
その他のタイトル: Some Characteristics of Recent Propeller Singing and Its Preventive Measures
著者: 川添, 強 / 中島, 徹 / 錦戸, 慎吾 / Leong, Lee Kim
著者(別表記) : Kawazoe, Tsuyoshi / Nakashima, Touru / Nishikido, Shingo / Leong, Lee Kim
発行日: 1998年 1月
引用: 長崎大学工学部研究報告 Vol.28(50) p.15-19, 1998
抄録: So far a cause of propeller singing could be explained by the resonance between Karman vortex street from the trailing edge of 0.55R∿0.6R and the natural frequency of the blade. The revision of the trailing edge mentioned above by grinding could almost arrest the singing. However there are many cases where recent propeller singing cannot be extinguished by the usual measure. In this study, the characeristics of recent singing and its preventive measures are considered using FFT analysis of noise occured in some large ships. In consequence, we developed a new anti-singing design which leads to good results on some applied ships.
キーワード: Marine Propeller / Singing / Karman Vortex / Natural Frequency / Blade design
URI: http://hdl.handle.net/10069/5014
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第28巻 第50号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/5014

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace