DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第28巻 第50号 >

多翼ラジアルファンの流体力学的特性に関する研究 : ケ-シング出口角および露出長さの影響


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000136369.pdf592.35 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 多翼ラジアルファンの流体力学的特性に関する研究 : ケ-シング出口角および露出長さの影響
その他のタイトル: Aerodynamic Characteristics of Multiblade Radial Flow Fan : Effects of the Bare Length and the Divergent Angle at the Outlet of the Scroll Casing
著者: 児玉, 好雄 / 新原, 登 / 林, 秀千人 / 林, 健生 / 田中, 清裕
著者(別表記) : Kodama, Yoshio / Shinbara, Noboru / Hayashi, Hidechito / Hayashi, Takeo / Tanaka, Kiyohiro
発行日: 1998年 1月
引用: 長崎大学工学部研究報告 Vol.28(50) p.21-28, 1998
抄録: It was made to improve a fan efficiency by varying the bare length defined as the distance between the tongue tip and the impeller tip, and the divergent angle at the outlet of the scroll casing. It is concluded that (1) The larger the bare length is, the higher the flow rate is. (2) When the bare length is 15mm, the fan efficiency is highest. (3) The fan efficiency is highest at the divergent angle θ=0°. (4) The smaller the bare length is, the larger the total pressure drop is due to the skin friction.
URI: http://hdl.handle.net/10069/5015
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第28巻 第50号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/5015

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace