DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第29巻 第52号 >

ハードウェア記述言語SFLのオブジェクト指向化


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000136419.pdf508.45 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: ハードウェア記述言語SFLのオブジェクト指向化
その他のタイトル: Object-Oriented Extension to Hardware Description Language SFL
著者: 吉田, 紀彦 / 森木, 俊臣 / 犬尾, 武
著者(別表記) : Yoshida, Norihiko / Moriki, Toshiomi / Inuo, Takeshi
発行日: 1999年 1月
引用: 長崎大学工学部研究報告 Vol.29(52) p.59-65, 1999
抄録: The scale of VLSI's has been getting much larger. Current Hardware Description Languages (HDL) including SFL are procedural languages like Pascal or C, and hardware components cannot be custamized when reused. We are studying an object-oriented extension to HDL to promote hardware component reuse. This paper describes the research direction and basic concepts of object-oriented HDL (OO-HDL), investigates inheritance anomaly in hardware component inheritance, and proposes a solution. This paper also presents our language prototype SFL++ which is an extension of SFL.
URI: http://hdl.handle.net/10069/5054
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第29巻 第52号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/5054

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace