DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第29巻 第52号 >

豊島産業廃棄物処分場の現地調査と得られる教訓


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000136423.pdf640.06 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 豊島産業廃棄物処分場の現地調査と得られる教訓
その他のタイトル: Site Investigation at the Industrial Waste Landfill on Teshima Island and Some Lessons
著者: 後藤, 惠之輔 / 生田, 俊裕 / 山中, 稔
著者(別表記) : Gotoh, Keinosuke / Ikuta, Toshihiro / Yamanaka, Minoru
発行日: 1999年 1月
引用: 長崎大学工学部研究報告 Vol.29(52) p.85-90, 1999
抄録: The industrial waste which was illegally reclaimed on Teshima Island contains various heavy metals and organic chlorine compounds such as lead, PCB, dioxin and so on in quantity, and most of them are above the environmental standards. The influence of pollution has extended to the stratum and groundwater under the waste deposits, and it was confirmed that dioxin was existed with high concentration. Therefore it is needed to operate an effective countermeasure at once. This paper presents a case study and authors' site investigation of Teshima Island from geoenvironmental points of view, and discusses some lessons for a countermeasure of pollution problem.
URI: http://hdl.handle.net/10069/5058
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第29巻 第52号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/5058

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace