DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第29巻 第52号 >

底面摩擦試験とDDAによる亀裂性岩盤内空洞の安定変形予測


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000136427.pdf3.12 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 底面摩擦試験とDDAによる亀裂性岩盤内空洞の安定変形予測
その他のタイトル: Inner Displacement and Failure Simulation of Cavity in Discontinuous Rock Mass based on Discontinuous Deformation Analysis
著者: 棚橋, 由彦 / 中村, 了悟 / 佐藤, 貴文 / 志田, 泰崇 / 神薗, 大介
著者(別表記) : Tanabashi, Yoshihiko / Nakamura, Ryogo / Satou, Takafumi / Shida, Yasutaka / Kamizono, Daisuke
発行日: 1999年 1月
引用: 長崎大学工学部研究報告 Vol.29(52) p.117-124, 1999
抄録: Construction of tunnels in cracked rocks is still a subject of numerous problems to be solved. The discontinuous deformation analysis (DDA) which was proposed by G. H. Shi (1984) is considered as a new technique by which the displacement and strain can be used to calculate the displacement and strain of any block system. This method is considered more practical than other conventional methods from the point of view of numerical analysis. This paper presents a rational plan and stability analysis of tunnel construction in cracked rocks based on the DDA together with the base friction test.
URI: http://hdl.handle.net/10069/5062
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第29巻 第52号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/5062

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace