DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第29巻 第53号 >

長崎市浦上地区を対象としたバリアフリーの体験調査


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000136448.pdf1.15 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 長崎市浦上地区を対象としたバリアフリーの体験調査
その他のタイトル: A Barrier-free Experience and Investigation for the Urakami District in Nagasaki City
著者: 後藤, 惠之輔 / 下田, 諭志 / 後藤, 健介 / 山中, 稔
著者(別表記) : Gotoh, Keinosuke / Shimoda, Satoshi / Gotoh, Kensuke / Yamanaka, Minoru
発行日: 1999年 7月
引用: 長崎大学工学部研究報告 Vol.29(53) p.237-245, 1999
抄録: Citizen organization of "DansaNax・Nagasaki" is formed as a part of welfare community planning which being discussed once a month. The field study was carried out at the district of Urakami in Nagasaki City on March 4,1999. The main purpose of the investigation was about continuity between some barrier-free facilities. As a result of this investigation, it can be said that visible things or its method are emphasized in Japan for the barrier-free and it seems that the advanced idea is being neglected. However, it cannot be called as "humanity town planning" in the concept of the thing and method only. We must consider that what is the barrier-free in our heart not only maintain the thing.
URI: http://hdl.handle.net/10069/5078
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第29巻 第53号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/5078

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace