DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第29巻 第53号 >

石炭灰を利用した海成軟弱粘土のセメント固化による人工漁礁への適用性


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000136450.pdf603.07 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 石炭灰を利用した海成軟弱粘土のセメント固化による人工漁礁への適用性
その他のタイトル: Hardening Properties of Marine Soft Clay Using Fly Ash and Its Application to an Artificial Fish Reef
著者: 後藤, 惠之輔 / 山中, 稔 / 富永, 惠介 / 田中, 稔
著者(別表記) : Gotoh, Keinosuke / Yamanaka, Minoru / Tominaga, Keisuke / Tanaka, Minoru
発行日: 1999年 7月
引用: 長崎大学工学部研究報告 Vol.29(53) p.255-261, 1999
抄録: A huge amount of marine clay accumulated in Omura Bay, Nagasaki becomes a cause of the water pollution. Because the marine clay is very soft, it is hard to be utilized. On the other hand a fly ash produced from thermoelectric power plants is increasing year by year with the change of recent energy situation. But both of these materials are able to regard as valuable resources. In this study in order to discuss the utilization of these materials, several cement hardening laboratory tests of the marine clay by using the fly ash were curried out for the long term. As a result the hardened materials mixed the fly ash showed very high strength, and it became clear that the application to an artificial fish reef was fully recognized.
URI: http://hdl.handle.net/10069/5080
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第29巻 第53号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/5080

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace