DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第29巻 第53号 >

雨天時における流域からの窒素系汚濁負荷流出量の評価に関する研究


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000136459.pdf691.91 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 雨天時における流域からの窒素系汚濁負荷流出量の評価に関する研究
その他のタイトル: Estimation of Nitrogenous Runoff form Non-Point Pollutant Sources under the Wet Conditions
著者: 野口, 正人 / 西田, 渉 / 朴, 元培 / 矢代, まゆみ
著者(別表記) : Noguchi, Masato / Nishida, Wataru / Park, Won Bae / Yashiro, Mayumi
発行日: 1999年 7月
引用: 長崎大学工学部研究報告 Vol.29(53) p.321-328, 1999
抄録: Degradation of water quality in the closed water bodies becomes serious nowadays. In order to prevent the above tendency and to attain the sound and sustainable water environment, integrated management of river and watershed becomes more and more important. In this paper, mechanism of runoff from the pollutant source, especially the non-point pollutant one, is studied for estimating the causes of degradation in the closed water bodies. Through this study, it becomes apparent that organic nitrogen drastically runoff under the wet condition, even though inorganic nitrogen exceeds the organic one in the total amounts.
URI: http://hdl.handle.net/10069/5089
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第29巻 第53号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/5089

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace