DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第30巻 第54号 >

移動困難者の立場からみた横断歩道橋撤去に関する考察


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000136474.pdf972.67 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 移動困難者の立場からみた横断歩道橋撤去に関する考察
その他のタイトル: A Consideration on Removal of Walkway Bridge from the Handicapped Persons' Point of View
著者: 後藤, 惠之輔 / 下田, 諭志 / 木村, 拓
著者(別表記) : Gotoh, Keinosuke / Shimoda, Satoshi / Kimura, Taku
発行日: 2000年 1月
引用: 長崎大学工学部研究報告 Vol.30(54) p.49-56, 2000
抄録: At present they have 39 streetcar stops in Nagasaki City of which 8 stops were connected with walkway bridges. The stairs of a walkway bridge are too hard for the handicapped to use, so a walkway bridge near Nagasaki University was removed in this August. In this paper the authors introduced this removal work and investigated the consciousness on the removal of walkway bridge of citizens including streetcar users by using questionaire survey. As a result a streetcar stop which is serviceable for the handicapped was discussed to have a gentle slope, roofs, safety fences and other facilities without a walkway bridge.
URI: http://hdl.handle.net/10069/5098
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第30巻 第54号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/5098

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace