DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第30巻 第55号 >

傾斜溝による遠心送風機旋回失速の抑制効果


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000136490.pdf591.59 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 傾斜溝による遠心送風機旋回失速の抑制効果
その他のタイトル: Effect of Beveled Grooves on Suppression of Rotating Stall in a Centrifugal Blower
著者: 坂口, 大作 / 石田, 正弘 / 植木, 弘信 / 孫, 自祥
著者(別表記) : Sakaguchi, Daisaku / Ishida, Masahiko / Ueki, Hironobu / Sun, Zixiang
発行日: 2000年 7月
引用: 長崎大学工学部研究報告 Vol.30(55) p.131-135, 2000
抄録: In order to suppress the rotating stall in a vaneless diffuser of a centrifugal blower, straight beveled grooves are distributed circumferentially on the hub-side wall alone at the entry region of the vaneless diffuser. The effect of the groove arrangement on the rotating stall inception was examined experimentally. As a result, it is found that the flow rate of rotating stall inception was decreased by about 10%, however, a small drop in the diffuser pressure recovery followed. And it seems that the unstable flow inception is suppressed by the local recirculation flow formed at the hub-side of the diffuser entry region, which is formed through the groove arrangement.
URI: http://hdl.handle.net/10069/5109
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第30巻 第55号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/5109

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace