DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第30巻 第55号 >

ディーゼル機関の排煙に及ぼすノズル噴孔形状の影響


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000136491.pdf517.78 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: ディーゼル機関の排煙に及ぼすノズル噴孔形状の影響
その他のタイトル: Effect of Nozzle Orifice Configuration on Smoke in a DI Diesel Engine
著者: 石田, 正弘 / 植木, 弘信 / 黒川, 清司
著者(別表記) : Ishida, Masahiro / Ueki, Hironobu / Kurokawa, Kiyoshi
発行日: 2000年 7月
引用: 長崎大学工学部研究報告 Vol.30(55) p.137-143, 2000
抄録: The effects of nozzle orifice size and configuration on smoke emission were examined experimentally in a turbocharged DI diesel engine. The discharge flow coefficient of nozzle orifice was changed from the standard orifice having the flow coefficient of 0.72 to the high flow one having 1.06 by applying the extruding technique. The change in smoke due to orifice discharge flow coefficient was compared with the effect of nozzle orifice size on smoke. As results, it is found that smoke density shows the minimum at the flow coefficient of 0.92∿0.97 in both low and high loads due to the minimum fuel droplet size.
URI: http://hdl.handle.net/10069/5110
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第30巻 第55号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/5110

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace