DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第30巻 第55号 >

空気吹き付けによる熱応力割断のき裂進展制御


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000136493.pdf313.31 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 空気吹き付けによる熱応力割断のき裂進展制御
その他のタイトル: Control of a crack path by air blowing in the thermal stress cleaving
著者: 本村, 文孝 / 今井, 康文 / 才本, 明秀
著者(別表記) : Motomura, Fumitaka / Imai, Yasufumi / Saimoto, Akihide
発行日: 2000年 7月
引用: 長崎大学工学部研究報告 Vol.30(55) p.155-159, 2000
抄録: In the case of unsymmetrical thermal stress cleaving, cracks will not grow straight because mixed mode of stress intensity factors arises. To realize the thermal stress cleaving as a standard cutting process, this point has to be overcome. One solution may be cooling by the air blow combined with heating. Cooling reduced both of stress intensity factors, KI and KII. But the latter reduction is more than the former. In this paper, stress intensity factors are estimated for unsymmetrically edge-cracked rectangular glass plates by FEM and the variation of the ratio of KII/KI is discussed as a function of the cooling location, cooling area and initial plate temperature.
URI: http://hdl.handle.net/10069/5112
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第30巻 第55号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/5112

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace