DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第30巻 第55号 >

リビングニトロキシルラジカル末端ウレタンプレポリマーによるステアリルアクリレートの重合とその性質


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000136508.pdf454.85 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: リビングニトロキシルラジカル末端ウレタンプレポリマーによるステアリルアクリレートの重合とその性質
その他のタイトル: Polymerization and Properties of Stearyl Acrylate by Living Nitroxyl Radical-terminated Urethane Prepolymers
著者: 本川, 慎二 / 古川, 睦久
著者(別表記) : Motokawa, Shinji / Furukawa, Mutsuhisa
発行日: 2000年 7月
引用: 長崎大学工学部研究報告 Vol.30(55) p.265-271, 2000
抄録: 2,2,6,6-Tetramethylpiperidine-1-oxyl (TEMPO)-terminated prepolymers (TPs) were synthesized by reaction of 4-hydroxy-TEMPO and poly (oxytetramethylene) glycol (PTMG; Mn=1000,3000) with isocyanate groups. TPs were characterized by means of FT-IR, ^1H-NMR, and ESR. Since ESR spectra of TPs displayed a typical three signals based on TEMPO residues, it is found that TPs have the living nitroxyl radical. Stearyl acrylate (SAA) was polymerized by TPs with BPO as an initiator. Properties of the obtained block copolymers were investigated by use of 1 H-NMR spectrometer, GPC, viscometer, DSC, and dynamic viscoelastic tester. The obtained block copolymers were (SAA) n-PU-(SAA) n and a small amount of SAA homopolymer. The properties of these block polymers were affected with molecular weight of PTMG and concentration of SAA.
URI: http://hdl.handle.net/10069/5127
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第30巻 第55号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/5127

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace