DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第31巻 第56号 >

高速高荷重すべり軸受の温度上昇表示式に関する研究 : 第 2 報実験結果と予測計算結果の比較検討


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000136517.pdf423.46 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 高速高荷重すべり軸受の温度上昇表示式に関する研究 : 第 2 報実験結果と予測計算結果の比較検討
その他のタイトル: Study on Bearing Temperature-Rise Estimation Formula under High Speed and Heavy Loaded Condition : 2nd Report : Comparison of Experimental and Theoretically Calculated Results
著者: 朝鍋, 定生 / 浦, 晟 / 川添, 強 / 森高, 秀四郎 / 福富, 正稔 / 渡辺, 真太郎
著者(別表記) : Asanabe, Sadao / Ura, Akira / Kawazoe, Tuyoshi / Moritaka, Hideshiro / Fukutomi, Masatoshi / Watanabe, Shintaroh
発行日: 2001年 1月
引用: 長崎大学工学部研究報告 Vol.31(56) p.23-28, 2001
抄録: High speed and heavily loaded bearing temperature rise and other lubrication characteristics could be expressed in a explicit forms by using externally affecting 7 factors only. These are explained qualitatively and quantitatively by theoretical analysis previously presented in the 1st report with slight modification. An estimation formula of the maximum bearing temperature was shown experimentally but further theoretical consideration should be needed.
URI: http://hdl.handle.net/10069/5130
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第31巻 第56号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/5130

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace