DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第31巻 第56号 >

変形ハーフブリッジ形インバータにおける自励発振回路の解析


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000136523.pdf646.64 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 変形ハーフブリッジ形インバータにおける自励発振回路の解析
その他のタイトル: Analysis of a self-oscillator in the modified half-bridge type inverter
著者: 清水, 恵一 / 松尾, 博文
著者(別表記) : Shimizu, Keiichi / Matsuo, Hirofumi
発行日: 2001年 1月
引用: 長崎大学工学部研究報告 Vol.31(56) p.63-70, 2001
抄録: In order to decrease input harmonic currents of switching converters, a combined circuit configuration that the switching converter circuit itself has the function of the input current active filter and output voltage regulator has been investigated. In this paper, a self-excited oscillator as a controller applied to this combined circuit for the electronic ballast of the fluorescent lamp with high frequency is analyzed. As a result, the relationship between the peak current and the conduction time interval of the switch device is clarified. This relationship is useful to reduce the input harmonic current effectively.
URI: http://hdl.handle.net/10069/5136
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第31巻 第56号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/5136

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace