DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第31巻 第57号 >

数値制御工作機械による3軸制御加工と離散化誤差 : 第2報 離散化された工作物形状に対する工具経路と加工誤差


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000136542.pdf735.95 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 数値制御工作機械による3軸制御加工と離散化誤差 : 第2報 離散化された工作物形状に対する工具経路と加工誤差
その他のタイトル: Three-axis Control Processing Using NC Machine Tools and Discrete Treatment Error : 2nd Report Tool Path for Discrete Work Shape and Machining Error
著者: 小島, 龍広 / 西田, 知照 / 扇谷, 保彦
著者(別表記) : Kojima, Tatsuhiro / Nishida, Noriteru / Ougiya, Yasuhiro
発行日: 2001年 7月
引用: 長崎大学工学部研究報告 Vol.31(57) p.7-14, 2001
抄録: In this report, the work shape is supposed as a polyhedron constructed by many sides connecting adjacent discrete points with lines. The summary of tool path calculation method using TSMM (Tangent Slope Matching Method proposed in our previous report) is described. One side slope method and two side slope method are shown as the utilization of tangent slope information of work. The tool path calculated by one side slope method causes machining error. This machining error (over-cut) is estimated theoretically. A work with half cylinder surface is cut by a ball end mill cutter using one side slope method and two side slope method. The machined surface of work is measured by CNC three-dimensional coordinate measurement equipment and compared with the theoretical shape.
URI: http://hdl.handle.net/10069/5150
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第31巻 第57号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/5150

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace