DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第31巻 第57号 >

補強材を併用したサンドイッチ盛土工法の1g模型実験に基づく効果判定


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000136552.pdf2.28 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 補強材を併用したサンドイッチ盛土工法の1g模型実験に基づく効果判定
その他のタイトル: Model Experiment of Sandwich Earth Fill Reinforced with Geosynthetics
著者: 永嶋, 洋政 / 棚橋, 由彦 / 井, 英樹 他
著者(別表記) : Nagashima, Hiromasa / Tanabashi, Yoshihiko / I, Hideki At Al
発行日: 2001年 7月
引用: 長崎大学工学部研究報告 Vol.31(57) p.79-84, 2001
抄録: Recently, it has been required to use high water content volcanic ash as the banking material while it has never been used for such purpose to utilzation of construction surplus soil. In case of the conventional sandwich method, the long-term stability is obtained by the increased shear strength and drainage effect. However, in case of high fills and steep gradient, it will be unstable. In this study, therefore, the deformational behaviour of the hill is experimentally observed by changing the thickness of the coarse-grained soil layers. The behavior change is observed in the cases of using the sandwich method and the reinforcement with geosynthetics. It is clarified that the method of sandwich earth fill reinforced with geosynthetics is very effective.
URI: http://hdl.handle.net/10069/5160
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第31巻 第57号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/5160

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace