DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第31巻 第57号 >

支柱鋼矢板工法の有限差分数値シミュレーションに基づく合理的設計の提案


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000136553.pdf928.82 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 支柱鋼矢板工法の有限差分数値シミュレーションに基づく合理的設計の提案
その他のタイトル: Rational Design of the "Alternate" Steel Sheet Pile Method Based on Numerical Simulation by Finite Difference Method
著者: 棚橋, 由彦 / 蒋, 宇静 / 中田, 啓介 / 戸田, 政宏
著者(別表記) : Tanabashi, Yoshihiko / Jiang, Yujing / Nakata, Keisuke / Toda, Masahiro
発行日: 2001年 7月
引用: 長崎大学工学部研究報告 Vol.31(57) p.85-90, 2001
抄録: Subsidence and heaving are produced in the peripheral ground when the banking is constructed on soft ground, and various damages in its environ structure is caused. The steel sheet pile method is often used as a countermeasure in order to reduce such ground deformation. However, in the installation of the long pile, it is very uneconomical, and the long term execution period is also needed for the embankment. This study is to clarify the installation effect of the 'alternate' steel sheet pile method based on the in-situ observation, model experiment and numerical analysis.
URI: http://hdl.handle.net/10069/5161
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第31巻 第57号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/5161

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace