DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第31巻 第57号 >

衛星データを用いた火山噴火活動と植物活性に関する調査解析


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000136561.pdf600.81 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 衛星データを用いた火山噴火活動と植物活性に関する調査解析
その他のタイトル: Analysis of Vegetation Activity before and after the Volcanic Eruption by Using Satellite Data
著者: 後藤, 健介 / 後藤, 恵之輔 / 岸上, 正寛 / 後藤, 松生
著者(別表記) : Gotoh, Kensuke / Gotoh, Keinosuke / Kishigami, Masahiko / Gotoh, Matsuo
発行日: 2001年 7月
引用: 長崎大学工学部研究報告 Vol.31(57) p.135-140, 2001
抄録: Japan has eighty-three active volcanoes and is among the most severely affected countries by volcano eruptions in the world. Also in the year 2000,Usu volcano and Miyake Island erupted on March 31 and July 8,respectively and these eruptions influenced largely to the lives of residents and the industrial section. Developing forecasting technologies of eruptions, not fully established by present, will provide us large social benefits. In this study, the possibility of predicting volcanic eruption was investigated using change in vegetation activity before and after the eruption in Usu volcano area by using satellite data. The result shows that vegetation activity near valcano dropped before eruption.
URI: http://hdl.handle.net/10069/5169
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第31巻 第57号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/5169

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace