DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第32巻 第58号 >

長崎市の斜面市街地における交通・防災に関する住民意識調査


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000136586.pdf615.39 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 長崎市の斜面市街地における交通・防災に関する住民意識調査
その他のタイトル: Resident consciousness investigation on traffic environment and disaster prevention in the sloped urban area in Nagasaki City
著者: 渡邉, 浩平 / 後藤, 惠之輔
著者(別表記) : Watanabe, Kohei / Gotoh, Keinosuke
発行日: 2002年 1月
引用: 長崎大学工学部研究報告 Vol.32(58) p.141-147, 2002
抄録: In Nagasaki City, numberless urban areas developed in the slope suffer from inconvenience of living environment which has been remarkable as ageing proceeds. Town planning in the future should consider the opinion of actually living residents. To understand the resident consciousness about traffic environment and disaster prevention, the authors carried out questionnaire survey in Tateyama, a representative sloped urban area in Nagasaki City. The result shows that some improvements are expected; reconstruction of the stairway for traffic environment, effective seminar and precise announcement for disaster prevention. These demands should be reflected in the reconstruction plan of Tateyama, with collaboration of residents, public administration and research institutes.
URI: http://hdl.handle.net/10069/5196
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第32巻 第58号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/5196

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace