DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 140 保健・医療推進センター > 140 紀要 > 長崎大学保健管理センター概要 > 8年度 >

多施設によるファンビーム方式DXA (EXPERT)の基本性能に関する検討


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00001983949.pdf654.93 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 多施設によるファンビーム方式DXA (EXPERT)の基本性能に関する検討
その他のタイトル: Efficiency of Fan-Beam Type DXA (EXPERT) on Measurement of Bone Mineral Density : Multicenter Cross-Calibration
著者: 中田, 朋子 / 石井, 伸子 / 伊藤, 昌子 / 林, 邦昭 / 林田, 和弘 / 河野, 順 / 藤下, 稔雅
著者(別表記) : Nakata, Tomoko / Ishii, Nobuko / Ito, Masako / Hayashi, Kuniaki / Hayashida, Kazuhiro / Kono, Jun / Fujishita, Toshimasa
発行日: 1998年 3月
引用: 長崎大学保健管理センター概要 . vol.8, p.119-126; 1998
抄録: 最近開発されたファンビーム方式DXA装置EXPERTに関して,多施設による測定精度評価を行った。3台のEXPERTと1台のペンシルビーム方式DXA装置DPX-Lを用いて腰椎ファントムの天板正中での測定を行い,再現性を確かめたところ,いずれの装置も変動率(%CV)は1%以下の良好な結果が得られたが,ペンシルビーム方式DPX-Lは,ファンビーム方式EXPERTよりさらに良好な再現性が認められた。EXPERTにおいて正中で腰椎ファントムを測定した値を基準にすると,scanの中心が左右にずれた場合の骨密度(BMD)は3%以内,同ファントムにMIX-DPを付加し被写体厚が変化した場合のBMDは4%以内の変化がみられ,測定値は検査時の患者のポジショニングや体格による影響を受けると考えられた。しかし,その傾向は同一機種でも装置によって異なっていた。日常精度管理(daily QA)では把握できない誤差であるが,臨床においてはこれらの影響は無視できないものであり,腰椎ファントムを用いた定期的な精度管理が必要と考えられた。3台のEXPERT間には極めて高い相関性が得られ(EXPERT A vs. B : r=0.99999,A vs. C : r=0.99977,B vs. C : r=0.99966),またEXPERTとDPX-Lとの相関も極めて高かった(EXPERT A vs. DPX-L : r=0.99983,B vs. DPX-L : r=0.99990,C vs. DPX-L : r=0.99921)。以上よりこれらの装置間では,測定結果の相互利用の可能性が示唆された。 / Fan-beam type DXA (EXPERT) has been recently introduced for measuring bone mineral density (BMD), since scanning time is reduced with fan-beam type DXA in comparison with pencil-beam type DXA (DPX-L), In the present study, a phantom experiment was performed in four centers for evaluating its accuracy and precision, The precision of BMD measurement with a lumbar phantom was determined by three sets of EXPERT (A, B and C) and one set of DPX-L. The precision of BMD (%CV) was less than 1%, but EXPERT was relatively less efficient than DPX-L. The BMDs determined by three sets of EXPERT (A, B and C) closely correlated in each other (r=0.99999 in EXPERT A vs. B, r=0.99977 in EXPERT A vs. C and r=0.99966 in EXPERT B vs. C), and good correlation was observed between the value determined each of three sets of EXPERT (A, B and C) and the value determined by DPX-L (r=0.99983, 0.99990 and 0.99921 in DPX-L vs. EXPERT A, B and C, respectively). The BMD values ranged within 3% when the phantom was shifted from the center (±3cm), and ranged within 4% when MIX-DP was added to a phantom. The results indicate that fan-beam type DXA system can measure BMD with high precision, although the BMD values measured by EXPERT were affected slightly by positioning or physical constitution of patient. It is also possible that the values measured by fan-beam type DXA system are availablefor comparison in each other or comparison with the value measured by pencil-beam type DXA system. (J Jpn Soc Bone Morphom,7,77-82,1997.)
キーワード: DXA:二重エネルギーX線吸収測定法 / ファンビーム / ペンシルビーム / 相互校正 / Dual energy X-ray absorptiometry / Fan-beam / Pencil-beam / Cross-calibration
URI: http://hdl.handle.net/10069/5286
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:8年度

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/5286

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace