DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 140 保健・医療推進センター > 140 紀要 > 長崎大学保健管理センター概要 > 9年度 >

橈骨遠位部の測定部位による骨密度の変動について : pQCT測定での検討


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00001983968.pdf664.53 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 橈骨遠位部の測定部位による骨密度の変動について : pQCT測定での検討
その他のタイトル: The Variation of Distal Radial Bone Density According to Its Measurement Sites : The Study Using Peripheral QCT
著者: 中田, 朋子 / 伊東, 昌子 / 鶴崎, 久美子 / 石井, 伸子 / 林, 邦昭
著者(別表記) : Nakata, Tomoko / Ito, Masako / Tsurusaki, Kumiko / Ishii, Nobuko / Hayashi, Kuniaki
発行日: 1998年11月 2日
引用: 長崎大学保健管理センター概要 . vol.9, p.130-137; 1998
抄録: pQCT測定における橈骨のスキャン部位による測定値の変動及びそれらの加齢による影響について検討を行った。骨代謝に問題のない健常ボランティア女性76人(19-85歳,56.5±13.1歳)を対象に非利き手側橈骨遠位部をスライス厚1mm,スライス間隔1.5mmで連続10スライススキャンし,2スライスずつ解析して測定部位別に9個の骨密度を算出した。同一被検者での測定部位による海綿骨骨密度の変動は年齢によりばらつきがあり,高齢者では特に大きい例がみられた。これに対し全骨骨密度の変動は年齢に関係なく約30%前後であった。測定部位別に骨密度の加齢変化や閉経との関係をみると,海綿骨骨密度,全骨骨密度ともに生理的変化を強く反映していたが,一方,海綿骨骨密度は末梢より近位部の方がその変化率は大きく,末梢側の海綿骨骨密度は年齢が増加しても相対的に保たれている傾向にあった。また,海綿骨骨密度,全骨骨密度ともに閉経後10年間の骨密度低下が著明であった。次に10スライス目のCT画像をもとに画像解析を行い,皮質骨幅と皮質骨/全骨面積比を算出した。その結果,全骨骨密度は皮質骨幅や皮質骨/全骨面積比と高い相関関係にあり,皮質骨幅や面積を反映していた。以上より,pQCT測定ではスライス部位のわずかなずれにより骨密度が大きく変動することがわかり,測定値の再現性はポジショニングに依存することが考えられた。また,橈骨遠位部の全骨骨密度は骨の生理的な変化や病的状態を感度,精度ともに良好に捉えることができるパラメターとなり得る可能性が示唆された。 / We studied the intra-individual variation of bone mineral density (BMD) in the distal radius associated with its measurement sites, using peripheral quantitative computed tomography (pQCT). The subjects were 76 healthy volunteer women (19-85 years of age : 56.5±13.1), and their distal radial BMD of non-dominant forearm were measured by pQCT with 10 continuous thin slices (1mm) at 1.5mm intervals starting at the site of 6mm from the endplate in the distal portion. The continuous 9 sliced BMD values were calculated from the distal to proximal portion. The intra-individual variation of trabecular BMD was large in the high aged subjects. On the other hand, the variation of total BMD was shown to be about 30% with no-site specificity and no-age dependency. The change of trabecular BMD with age was greater in the proximal region than in the distal region, and the change of total BMD was larger than that of the trabecular BMD along the longitudinal axis of radius. Both the trabecular and total BMD greatly decreased within 10 years since menopause. The cortical thickness and cortical area were calculated using the CT images of the most proximal radial section, and these two cortical parameters revealed strong relationships with the total BMD. These results show that the precision of pQCT measurement largely depends on the forearm positioning, since the variation of BMD measured by pQCT is large according to the measurement sites. The total BMD of the distal radius is considered to be a sensitive parameter to detect the age-related, menopause-related and disease-related bone changes. (J Jpn Soc Bone Morphom, 7, 155-160, 1997.)
キーワード: 末梢骨用定量的CT / 海綿骨骨密度 / 全骨骨密度 / 測定部位 / 測定精度 / Peripheral quantitative computed tomography (pQCT) / Trabecular bone mineral density / Total bone mineral density / Measuring site / Precision
URI: http://hdl.handle.net/10069/5300
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:9年度

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/5300

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace