DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 020 経済学部・経済学研究科 > 020 紀要 > 長崎大学経済学部研究年報 > 第19巻 >

保険研究におけるミクロ経済学的アプローチに関する検討


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000736212.pdf1.39 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 保険研究におけるミクロ経済学的アプローチに関する検討
その他のタイトル: Relation between Insurance Theory and Microeconomic Theory
著者: 大倉, 真人
著者(別表記) : Okura, Mahito
発行日: 2003年 3月
引用: 長崎大学経済学部研究年報. vol.19, p.53-67; 2003
抄録: Purpose of this paper is to investigate the relation between insurance theory and microeconomic theory. The plan of the discussion is as follows. First, this paper sketches the Japanese insurance market before and after the Japanese insurance law was revised in 1996. Since 1996, the Japanese insurance market has been competitive because many regulations were relaxed. So it is clear that present insurance market can be analyzed in microeconomic theory. Second, this paper discusses that the insurance theory with microeconomic theory has the advantage of clearing the explanation because of its robustness. Furthermore, the main participants and their objections in the insurance market are considered.
キーワード: Insurance theory / Microeconomic theory / Japanese insurance law / Competitive structure
URI: http://hdl.handle.net/10069/5336
ISSN: 09108602
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第19巻

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/5336

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace