DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 070 環境科学部 > 070 紀要 > 長崎大学総合環境研究 > 第1巻 第2号 >

光散乱式粒子測定器で測定された長崎の黄砂現象 : 1996~1998


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000046592.pdf810.84 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 光散乱式粒子測定器で測定された長崎の黄砂現象 : 1996~1998
その他のタイトル: Yellow sand events measured by an optical particle counter at Nagasaki University in 1996-1998
著者: 荒生, 公雄 / 坂口, 千恵美
著者(別表記) : Arao, Kimio / Sakaguchi, Chiemi
発行日: 1999年 3月
引用: 長崎大学総合環境研究 1(2), p.175-186; 1999
抄録: Yellow sand events at Nagasaki in Japan during the springs of 1996-1998 were analyzed based on the measurement of paricle size distribution in the atmosphere by an optical particle counter (OPC). The yellow sand event (Kosa phenomenon in Japanese) means a significant dust storm in Japan, which is brought from the Asian Continent, so that, sometimes called the Asain duststorm. The time series of aerosol number densities measured by the OPC at Nagasaki University indicate the threshold values of large particles in yellow sand events as; number density of particles of diameter from 1 to 2μm : 4880 per liter number density of particles of diameter from 2 to 5μm : 2220 per liter number density of particles of diameter larger than 5μm : 80 per liter
URI: http://hdl.handle.net/10069/5386
ISSN: 13446258
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第1巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/5386

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace