DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 学術雑誌論文 >

3歳健診は就学時の神経発達を予測できるか : 3~4歳と就学期の神経発達の比較


ファイル 記述 サイズフォーマット
SHK56_6_743.pdf478.7 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 3歳健診は就学時の神経発達を予測できるか : 3~4歳と就学期の神経発達の比較
著者: 川崎, 千里 / 伊藤, 斉子 / 宮下, 弘子 / 鶴崎, 俊哉 / 宮原, 春美
発行日: 1997年11月30日
出版者: 日本小児保健協会
引用: 小児保健研究 56(6),743-748, 1997
抄録: 3歳児健診が学習障害など就学期の軽微な神経発達障害を予測できるかを調べる目的で,同一の神経発達検査を3~4歳と就学期に反復実施した保育園児について所見の継続性をみた。16項目の検査結果は3~4歳時と就学期で類似した因子構造を持ち,神経発達の部分的障害を3~4歳時に評価することもある程度は可能と考えられた。各項目の3段階評価所見は約半数が変化していたが,低遂行項目が多い児は検査結果の低遂行が継続する傾向があった。これらの結果より3歳健診で保護者の訴えがある場合には,軽微な神経発達障害の二次精密検診を実施する意義があると考えた。
キーワード: 3歳児健康診査 / ニ次精密健診 / 神経発達検査 / 学習障害
URI: http://hdl.handle.net/10069/5446
ISSN: 00374113
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:030 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/5446

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace