DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 学術雑誌論文 >

超低出生体重児の長期予後 : 神経心理学的所見と神経学的微徴候


ファイル 記述 サイズフォーマット
SHK55_5_627.pdf1.45 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 超低出生体重児の長期予後 : 神経心理学的所見と神経学的微徴候
著者: 円城寺, しづか / 川崎, 千里 / 福田, 雅文 / 辻, 芳郎
発行日: 1996年 8月30日
出版者: 日本小児保健協会
引用: 小児保健研究 55(5),627-631, 1996
抄録: 当科未熟児室を退院した4~11歳の超低出生体重児のうち,重篤な後障害のないと思われる10名(男3名・女7名)に対し,21項目よりなる神経心理学的検査および神経学的微徴侯検査を行った。1名が脳性まひ十軽度精神遅滞の神経学的後遺症を有し,7名に微細な脳機能不全が疑われ,2名が正革と診断された。これらの結果を2歳時の短期予後と比較すると,2歳時に発達遅滞が認められていた症例には神経発達学上の問題が持続し,2歳時正常と診断されていた5名のうち3名に微細な神経発達上の問題が認められていた。超低出生体重児の追跡は少なくとも微細神経障害が明らかになる学齢期までは行う必要があると思われた。
キーワード: 低優生体重児 / 予後 / 神経心理学的所見 / 神経学的微徽候 / 早期介入
URI: http://hdl.handle.net/10069/5447
ISSN: 00374113
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:030 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/5447

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace