DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 190 留学生センター > 190 紀要 > 長崎大学留学生センター紀要 > 第5号 >

長崎外国人居留地関係資料に関する一考察 : 長崎の「国際化」の背景


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000040157.pdf2.1 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 長崎外国人居留地関係資料に関する一考察 : 長崎の「国際化」の背景
その他のタイトル: Study on the documents regarding the Foreign Settlement in Nagasaki
著者: 浜口, 美由紀
著者(別表記) : Hamaguchi, Miyuki
発行日: 1997年 3月25日
引用: 長崎大学留学生センター紀要. vol.5, p.17-36; 1997
抄録: 鎖国時代に唯一の貿易港であった長崎は,その当時から海外文化の影響を多く受けることとなった。その後,安政の開国によって鎖国政策が終りを告げ,長崎を含め5つの港が貿易港として海外交易の窓口になった。そして本格的な外国人居留地時代を迎えるのであった。外国人居留地の出現は別の側面から見ると長崎の「国際化」でもあった。外国人の居住によって日本の政治・経済・文化面に大きな影響を与える結果となった。本論文では外国人居留地の歴史的経緯を考察し,そして外国人居留地関係研究資料を通して,長崎の「国際化」における異文化との接触・軋櫛・交渉・そして交流などに伴う諸事項を含めて考察することを目的とする。
キーワード: 長崎 / 外国人 / 居留地 / 歴史 / 国際化
URI: http://hdl.handle.net/10069/5537
ISSN: 13486810
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第5号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/5537

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace