DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 190 留学生センター > 190 紀要 > 長崎大学留学生センター紀要 > 第5号 >

日本による異文化に関連した差別と偏見 : 学齢期に中国から来た若者たちにインタビュ-をして


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000040160.pdf2.1 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 日本による異文化に関連した差別と偏見 : 学齢期に中国から来た若者たちにインタビュ-をして
その他のタイトル: Discrimination by Japanese
著者: 永井, 智香子
著者(別表記) : Nagai, Chikako
発行日: 1997年 3月25日
引用: 長崎大学留学生センター紀要. vol.5, p.53-76; 1997
抄録: 戦後50年以上たった今も中国から残留邦人が肉親探しのために来日している。そして,その多くは故国日本への永住帰国を希望している。家族を伴っての帰国となるが,その中に自分の意思ではなく,家族に伴って来日する学齢期の子供たちもいる。国際化という言葉が市民権を得て久しいが,中国から来た子供たちが学校で差別されたり,偏見の目に晒されたりするという報告が少なからずある。それらの差別や偏見は非行の引き金となることもあるという。そこで,インタビューという方法を用いて,中国から来た若者たちが受けてきた差別や偏見とそれにともなう心の動きや痛みを明らかにした。
キーワード: 異文化 / 差別 / 偏見 / インタビュー
URI: http://hdl.handle.net/10069/5539
ISSN: 13486810
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第5号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/5539

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace