DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 190 留学生センター > 190 紀要 > 長崎大学留学生センター紀要 > 第5号 >

初級日本語コ-スにおける異文化教育導入案 : カルチャ-ギャップに焦点をあてて


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000040161.pdf1.71 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 初級日本語コ-スにおける異文化教育導入案 : カルチャ-ギャップに焦点をあてて
その他のタイトル: Cross-cultural educational plan at beginner japanese class
著者: 松本, 久美子
著者(別表記) : Matsumoto, Kumiko
発行日: 1997年 3月25日
引用: 長崎大学留学生センター紀要. vol.5, p.77-96; 1997
抄録: 日本語教育においては異文化教育について初級レベルからの導入の可能性を示唆したものもあるが,実践報告は時期が早いものでも初級後半からのものしか見られない。しかし,日本語をコミュニケーション手段として獲得するためには初級レベルから異文化教育を導入することが必要である。また日本での日常生活における異文化接触場面を教室活動に取り入れることで効果的な運用練習を行なうことができる。そこで,カルチャーギャップに焦点をあてた初級コース始めからの系統的な異文化教育の導入案を提示しインターアクション中心の活動例をあげることで,実際の初級日本語コースにどう組み込んでいくかを考察する。
キーワード: 初級日本語 / 異文化教育 / カルチャーギャップ / インターアクション
URI: http://hdl.handle.net/10069/5540
ISSN: 13486810
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第5号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/5540

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace