DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 010 教育学部・教育学研究科 > 010 紀要 > 長崎大学教育学部紀要. 教育科学 > 第56号 >

幼稚園から小学校への移行に関する発達心理学的研究I


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000045667.pdf599.17 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 幼稚園から小学校への移行に関する発達心理学的研究I
その他のタイトル: A study of the transition from a kindergarten to a primary school I
著者: 進野, 智子 / 小林, 小夜子
著者(別表記) : Shinno, Tomoko / Kobayashi, Sayoko
発行日: 1999年 3月23日
引用: 長崎大学教育学部紀要. 教育科学, 56: 63-70
抄録: 幼稚園から小学校への移行に関して, 幼稚園教師9名, 小学校教師11名を対象に質問紙により検討された。その結果, 以下のことが明らかにされた。1. 小学校への適応には, 両教育機関の教師ともあまり時間がかからないと捉えている。2. 幼稚園教育に関して, 重要と捉えていることには幼稚園教師と小学校教師の間には不一致が見られた。3. 幼稚園教師から小学校教師に対する要望, また, 小学校教師から幼稚園教師に対する要望には, 上記2の結果と同様に, 幼稚園教師が遊び中心・個の重視と考えているに対して, 小学校教師は基本的生活習慣のしつけ・協調性を重んじていた。4. 幼稚園教師と小学校教師による担任クラスの年長児と小学校1年生の全般的印象には, 有意差が見られなかった。5. 幼稚園教師は, 担任クラスの年長児を自己抑制と自己主張・実現が可能であると捉えているのに対して, 小学校教師は, 小学校1年生を自己抑制と自己主張・実現が困難であると捉えていた。
URI: http://hdl.handle.net/10069/5984
ISSN: 13451375
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第56号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/5984

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace