DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 010 教育学部・教育学研究科 > 010 紀要 > 長崎大学教育学部紀要. 教育科学 > 第59号 >

幼稚園から小学校への移行に関する発達心理学的研究III


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000045708.pdf844.97 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 幼稚園から小学校への移行に関する発達心理学的研究III
その他のタイトル: A study of the transition from a kindergarten to a primary school III
著者: 進野, 智子 / 小林, 小夜子
著者(別表記) : Shinno, Tomoko / Kobayashi, Sayoko
発行日: 2000年 6月
引用: 長崎大学教育学部紀要. 教育科学, 59: 53-68
抄録: 幼稚園から小学校への移行に関して, 移行する幼児・児童自身が移行についてどのように感じているかを明らかにするために, 面接法により, 幼稚園年長児57名および小学1年生117名に対して聞き取りがなされた。結果は, Bronfenbrennerの基準に筆者らの観点を付加した基準によって, カテゴリー分析により整理された。分析は, 性差および出生順位の観点から検討された。その結果, 以下のことが明らかにされた。1.幼稚園年長女児の方が年長男児に比較して, 小学校入学に関して, 有意に強い明確な目標を持っていた。2.小学1年生の場合, 性差に関して有意差のみられた項目は, 幼稚園と小学校の相違点に関する項目であり, 活動カテゴリーにおいてのみ男児が女児よりも多く言及していた。3.小学1年生の出生順位に関して, 有意差のみられた項目は, 幼稚園と小学校の類似点および相違点に関する項目であった。第1子の方が第2子よりも類似点においては, 物理的・地理的条件を多く言及していた。相違点に関しては, 第1子の方が第2子よりも人的条件を有意により多く言及していた。一方, 第2子の方が, 第1子よりも有意に多く言及していたのは, 類似点における人的条件であった。4.面接結果について, 幼稚園年長児と小学1年生の横断的比較をした場合, 以下のすべての項目について, 小学1年始の方が幼稚園年長児よりも有意に多く明確な言及をしていた。すなわち, 入学に際しての不安, 担任教師の期待する1年生像, 幼稚園と小学校の類似点相違点である。
URI: http://hdl.handle.net/10069/6009
ISSN: 13451375
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第59号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/6009

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace