DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > Faculty of Education > Bulletin > Bulletin of Faculty of Education, Nagasaki University. Educational science > No. 65 >

学校に関するドイツ、マレーシア、日本の意識比較研究 : 連想調査によるオスナプリュック,ペナン,長崎の調査


File Description SizeFormat
KJ00004167568.pdf1.39 MBAdobe PDFView/Open

Title: 学校に関するドイツ、マレーシア、日本の意識比較研究 : 連想調査によるオスナプリュック,ペナン,長崎の調査
Other Titles: Comparative Research of Consciousness about School in Germany, Malaysia and Japan : Survey in Osnabruck, Penang and Nagasaki by Association Test
Authors: 上薗, 恒太郎
Authors (alternative): Kamizono, Kohtaro
Issue Date: 30-Jun-2003
Citation: 長崎大学教育学部紀要. 教育科学. vol.65, p.13-27; 2003
Abstract: 学校に関する連想は,オスナブリュック,ペナン,長崎の3ヵ所の大学生,ペナンおよび長崎の小学生において,共通に先生との結びつきが最も強く,勉強(学習),生徒(友だち)の3つを基本として成立しており,学校意識構造の普遍性を示した。長崎の経年調査から,1996年にいじめ関連の反応語(刺激語<学校>から「いじめ」が人数比18.3%)が2002年には減少(4.0%)し,学校が落ち着いてきたと言えるが,学校が「いじめ」を思い起こさせる点は依然として特徴となっている。教育概念は,長崎の大学生の連想調査によれば,家庭,地域を含んで構成されるものの,何より学校と結びついている。子ども概念は,小さく,かわいく,元気に,遊ぶ,無邪気なイメージに彩られており,近代子ども観の影響が見られる。Bulletin of Faculty of Education, Nagasaki University
URI: http://hdl.handle.net/10069/6038
ISSN: 13451375
Type: Departmental Bulletin Paper
Appears in Collections:No. 65

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/6038

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace