DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 010 教育学部・教育学研究科 > 010 紀要 > 長崎大学教育学部紀要. 自然科学 > 第63号 >

単板切削現象の変化に及ぼすプレッシャバー-ナイフ-被削材相互の位置関係の影響(解析と実験)(V) : 駆動回転型ローラバー作用による単板切削現象の変化


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000045798.pdf391.8 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 単板切削現象の変化に及ぼすプレッシャバー-ナイフ-被削材相互の位置関係の影響(解析と実験)(V) : 駆動回転型ローラバー作用による単板切削現象の変化
その他のタイトル: Effects of Shape and Setting of the Pressure Bar upon the Cutting Phenomena in the Orthogonal Cutting of Veneer(V) : On the Variation of the Cutting Phenomena in the Veneer Cutting with the Roller Bar
著者: 杉山, 滋
著者(別表記) : Sugiyama, Shigeru
発行日: 2000年 6月
引用: 長崎大学教育学部紀要. 教育科学. vol.67, p.13-20; 2004 / 長崎大学教育学部紀要. 自然科学. vol.63, p.33-38; 2000
抄録: Roller bars with various diameters (D) and of various rolling types were prepared to vary the depth (r_t) of restraint by interface between the face of the roller bar and the knife rake-face, the action area of restraint, and the degree of adhesion between the face of the roller bar and the tight side of the veneer. White seraya veneer, 10 mm thick, was cut with five rolling types of the roller bars, and the horizontal (F_<H(K)>) and vertical (F_<V(K)>) components of the cutting force were measured. Based on these measurements, their variations under various experimental conditions were clarified, and characteristics of the veneer cutting with a roller bar were discussed.
URI: http://hdl.handle.net/10069/6086
ISSN: 13451359
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第63号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/6086

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace