DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 010 教育学部・教育学研究科 > 010 紀要 > 長崎大学教育学部紀要. 自然科学 > 第64号 >

HTML 形式を使った学習ソフト : p-形半導体


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000045807.pdf1.13 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: HTML 形式を使った学習ソフト : p-形半導体
その他のタイトル: A Study Software for Training Using the HTML Form Files : p-Type Semiconductor
著者: 竹野下, 寛 / 川里, 祥之 / ダルマワン, ルディ
著者(別表記) : Takenoshita, Hiroshi / Kawazato, Yoshiyuki / Darmawan, Rudi
発行日: 2001年 3月28日
引用: 長崎大学教育学部紀要. 教育科学. vol.68, p.1-10; 2005 / 長崎大学教育学部紀要. 自然科学. vol.64, p.9-19; 2001
抄録: 我々はインターネットで使われているHTML形式を利用して教材ソフトを作成し, その可能性とその効果について研究した。HTML形式学習ソフトのテーマには「p-形半導体」を取り上げた。今回, 作成する教材ソフトは内容の高度化を図り, 文献価値を重視した作成方法をとり, 文章で理解させようとするのではなく, 写真, 図を中心とした視覚での理解を得ようとしたものである。被験者は中学生(中学1年生39名)と, 大学生12名との2グループに無記名のアンケートを依頼した。中学生は授業を受けていない, または, 高度な内容である。他方, 大学生は講義で習った内容という対比させたアンケート調査である。アンケート設問は8グループ20項目を10段階評価する前回と同一である。結果の分析は, Aグループ : HTML形式のソフトを「作ってみたい」, 「使ってみたい」を選択した被験者, Bグループ : 「使いたくない」「必要性がない」を選択した被験者とした。被験者(中学生 : 1,大学生 : D)を各々A, Bの2グループに分け, 合計4グループ(1A, DA, 1B, DB)のアンケート結果について検討している。アンケート結果は全項目でAグループの評価がやや高く, Bグループはやや低い評価が得られた。しかし, Bグループからも大変高い評価があった。本学習ソフトを使った授業構成は以下の利用法が良く, (I)まず先生が概要を授業(説明)する。(II)その後, 生徒は各人のペースでHTML形式教材ソフトを使い学習する。(III)最後に, 学習内容をクラス全員でまとめる, と言う利用法が適切であることが分かった。 / We made material software by utilizing the HTML form that is used in the Internet and studied about the possibility and the effect as a styding software. A p-type semiconductor was taken up to the theme of HTML form study software. It made to take the production method that the materials of software that we make intends the advancement of the contents and the worth as an article is esteemed. Not trying to impress it with a sentence this software is been the one that tried to obtain the understanding in the vision centering around the photographs and figures. The testee asked an unregistered questionnaire reply of 39 junior high school (1) students and 12 university students (D). A junior high school student, be not receiving a lesson or are advanced contents. The other, university students are the questionnaire survey in the contrast that are the contents that learned with a lecture. We did the analysis of the result with the following 4 groups. An A group, want to try to make the software of a HTML form, wants to try to use it made the testee who it selected. It made the testee who a B group selected there is not need that does not want to use. The same question to, all the items with the evaluation of the A group a little bit high evaluation, a little bit low evaluation was obtained from the B group. However, there was very high evaluation even from the B group. As for the lesson constitution that used this study software the following use is good. (I) First step, a teacher does and explains (or teach) an outline. (II) After that a student learns it by using HTML form material software with the pace of everybody. (III) It understood that the use that says that last step, the contents of study are summarized with class everyone is appropriate.
URI: http://hdl.handle.net/10069/6089
ISSN: 13451359
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第64号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/6089

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace