DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 010 教育学部・教育学研究科 > 010 紀要 > 長崎大学教育学部紀要. 自然科学 > 第66号 >

雲仙・普賢岳の土石流堆積物の水無川河口海域における分布(その 2) 1997 年 11 月-2000 年 10 月


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000045834.pdf767.23 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 雲仙・普賢岳の土石流堆積物の水無川河口海域における分布(その 2) 1997 年 11 月-2000 年 10 月
その他のタイトル: Distribution of Debris Flow Deposits from Unzen Volcano on the River Mouth Area of Mizunashi River, Part 2,November, 1997-October, 2000
著者: 近藤, 寛 / 東, 幹夫 / 西ノ首, 英之 / 山口, 恭弘
著者(別表記) : Kondo, Hiroshi / Azuma, Mikio / Nishinokubi, Hideyuki / Yamaguchi, Yasuhiro
発行日: 2002年 3月27日
引用: 長崎大学教育学部紀要. 自然科学. vol.66, p.23-34; 2002
抄録: Marine sediment samples were dredged on the river mouth area of the Mizunasi River from November 1997 to October 2000. We analyzed the grain size and contents of calcium carbonate of these sediments. Volcanic ash of the debris flows by the eruption of Unzen Volcano were observed in some samples. The debris flow sediments were characterized by the mud that median diameter Mdφ was larger than 4. Before the influx of the debris flow, fine grained sand were distributed on river mouth area of the Mizunashi River. These mud by the debris flow are low calcium carbonate less than 10%. On October 2000,the area of mud are 1.09(km)^2 and the debris flow sediments still remained on the river mouth area of the Mizunashi River.
URI: http://hdl.handle.net/10069/6105
ISSN: 13451359
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第66号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/6105

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace